2011年03月03日

「辺野古を考える」Part2上映会+講演報告

2月26日(土)
品川・市民自治講座第6回
「辺野古を考える」Part2上映会+講演が
品川中小企業センターであった

同日同じフロアーでの「平和だいすき」と
東京新聞や朝日新聞を見て
上映会にきてくださった方で
当日上映会会場の
3階のフロアーは平和をねがう人々でうめつくされた

当日は
「ワンショット・ワンキル」
「IVAW(反戦イラク帰還兵)日本で訴える」
「また、また、辺野古になるまで」が上映された

「ワンショット・ワンキル」では
ふつう「人は人を殺せない」のを
寝かせなかったり、完全服従で
頭の中身を入れ替え
人を殺せるようになる過程がとてもこわかった

藤本監督のお話、交流の時間では
参加者から
なんでアメリカは戦争するんでしょうかとか
(→どこが戦争でもうかるかはトップシークレット)
軍を退役しどれくらいの人が大学に行けたのでしょうか
(→大学はほとんど行けない。心身ともに壊れて戦場からもどる)
という質問や
高江ヘリパッド反対の闘い報告などがあった

ぜひ
この上映会での思いを大切にし
闘いの輪を広げてゆきたい






posted by 平環人品川事務局 at 22:33| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする