2010年12月16日

米軍普天間基地移設の日米合意の見直しを求めることに関する請願審議

20101213190303.jpg

ペン12月13日
品川区議会総務委員会にて
米軍普天間基地移設の日米合意の
見直しを求めることに関する請願
の審議がありました

カメラ前面に須藤議員(委員長・自民)浅野議員(副委員長・公明)が座り
左に林議員(自民)本多議員(自民)土井議員(民主)
右に堺(公明)宮崎議員(共産)須貝議員(無所属クラブ)着席されました
後方には区の職員
そのまた後ろに私たち傍聴席がありました(写真)

わーい(嬉しい顔)初めての請願なので内容が読み上げられ
総務課長から請願内容の説明がありました
しかし
「日米合意については
新聞にのっているので皆さんご存知かと」と説明を省略
全くの手抜き!がく〜(落胆した顔)

その後の議論では
宮崎議員(共産)
「沖縄県知事選で基地賛成の候補者はだれもいなかった
基地はいらないというのは沖縄県民の総意だ
日米合意の見直し、撤回を」との発言手(チョキ)
林議員(自民)
「(沖縄県から)離れている品川としてはわかりづらい
きちんと政府が明確に対応しろと政府には出したいが
外交問題にかかわる、これは反対」ちっ(怒った顔)
土井議員(民主)
「外交と沖縄県民の思いは別、
憲法95条だけでは対応できないので反対がく〜(落胆した顔)
須貝議員(無所属クラブ)
「日米の外交は重要で
国に対し『基地の無条件撤去』は
簡単には
出せないだろう
(請願には)賛成できないちっ(怒った顔)
堺議員(公明)
防衛・外交は国会で審議してほしい
地元の人の問題を(区議会では)議論して」ふらふら

各議員から意見が出た後
挙手にて採択
宮崎議員(共産)のみの賛成にて
不採択
になってしまいましたちっ(怒った顔)

ちっ(怒った顔)沖縄から離れているし」とか
国の問題だ」という議員の発言に
正直言ってがっかりしました
軍隊は市民を守りません
区民が安心して暮らすため
沖縄県の基地問題は
けっして遠い問題ではありません
品川から粘り強く声をあげていきたいです手(グー)

請願書全文こちら
posted by 平環人品川事務局 at 21:29| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする